< もどる

採用情報

ホーム採用情報先輩からのメッセージ > vol.7 前田則彦

vol.7 エンジニアリングサービス Engineering service

マクシス エンジニアリングに入社したきっかけは?

大学時代から電気機械工学を専攻しており、機械の設計に興味がありました。当社なら自分の目指す仕事ができると思い、入社しました。

現在の仕事は?

生産設備のプランナーをしており、派遣先の企業で飛行機の生産ラインを担当しています。メーカーからの要望に合わせ、生産ラインをプランニングするのが仕事です。年間ではいくつ製造するのか、月間では、1日では……と、どんどん逆算していき、最終的には1分でどこまで作るのかをイメージして、それを満たす生産設備・計画を考えています。ただ、モノづくりを机上で考えていても、実際に現物を見てみると設計図との差があり、その通りに動かないこともよくあります。例えば、生産ラインでA地点からB地点に部品を送る設計の場合、実際の現場にはそのAB間のルート近くにエアコンの空調ダクトがあったりして、迂回ルートを取らなければならないこともあるのです。また、隣の工程の装置が大きすぎるために、新たに作ろうとしていた装置の設計を変更しなければならないなど、現場に足を運ばないとわからないことは多いです。こういった机上の設計と現場の誤差を知ることは、後の自分にとって様々な仕事に応用できる貴重な経験になります。実地に勝る経験はないと思いますね。

仕事のやりがいは?

当社での研修や、派遣先で色々な考え方を学ぶことで経験値が増え、そこから生まれる自分独自のアイディアが受け入れられたときに、大きなやりがいを感じます。お客様からの要望を満たした機能・生産性を実現できるようプランニングすることはもちろんですが、求められているものにプラスアルファをして、よりよい提案ができるよう心掛けています。以前、お客様からの要望にはない外装カバーの装着を自分から提案したところ、効率、安全性、メンテナンスのしやすさが向上し、お客様からも好評価を頂けたことがありました。プランニングしたものを製造担当の方に作っていただき、私自身も何度も現場に訪れて、調整・テストを繰り返した末に、正常に動作してモノがきちんと生産され、自分のアイディアが現場で活きているのを見ると、思わず感動してしまいます。ひとつの生産ラインで自分が担当するのは一部分ですが、その一部分がうまく稼働しないと生産ライン全体に影響を及ぼすので、プレッシャーは常にあります。ですが、そのプレッシャーがあるからこそ満足感も大きいのだと思います。

就職・転職活動中の方へのメッセージ

最近、SNSへの反社会的な投稿が問題になっていますが、他人ごとではありません。あれは、今までの自分の「常識・とりまく環境」と、社会の「常識」のズレからくる事故なのだと思います。会社あっての自分、お客様あっての仕事、地域経済があっての仕事なので、自分の気持ちにはある程度で整理をつけて、グローバルな考え方ができるようになると、色々なことがスムーズにいくと思います。