< もどる

採用情報

ホーム採用情報先輩からのメッセージ > vol.13 近藤千雄

vol.13 講師 Lecturer

研修内容

社内研修の期間は1~2ヶ月が目安です。社内研修後、さらに派遣先で研修を受ける場合もあります。マクシス エンジニアリングへ入社される方は、まったくの未経験者や、学校でCADを勉強されていた方、前職で実務経験がある方など様々なので、それぞれのレベルに合わせたきめ細かい指導を心掛けています。具体的な内容としては、まず始めは基礎問題からのスタートです。基礎が身についた人は、さらに深く理解できるよう応用問題に挑戦。一方、基礎が不安な人は、じっくりとわかるまで基礎問題を教えます。初心者の方は不安もあると思いますが、最終的には実際の車の部品を図面化できるようになることを目指して、派遣先でやっていける必要最低限のレベルはマスターできるよう指導しているので安心してください。覚えが早い方はモデリングまで教える場合もありますし、人によって習得の個人差が出てくるのは当たり前のことなので、その方に合った研修プランで学べる環境を用意しています。

アフターフォローも万全

派遣先で実際に仕事をしていると、最初の頃はやはりわからないことも出てくるようで、電話で質問を受けたりもしています。また、土曜日の仕事が休みの日にも質問は受け付けますので、相談のあとに研修生と飲みに行ったりということもたまにありますね。私の仕事は3DCADを派遣先でも使いこなせるよう指導することですから、たとえ研修期間が過ぎてもそれは変わりません。しかし、当然派遣先の機密情報もあるので、データを持ち込んで実際に教えるということはできませんが、口頭で相談を受けることはよくしていますよ。

経験者への研修は?

当社は自動車や航空機関連の仕事が多いので、3DCADの中でもCATIAという種類のソフトを使っています。前職で設計を経験している方でも、業種が違うとCATIAを使ったことがない人はいるので、その場合は未経験者の方と同じの研修になります。前職でCATIAを扱っていた経験者の方への研修はしませんが、自動車部品にも様々な種類があるので、今後の派遣先に応じた知識を教えています。

金型まで考えた設計を

どんなにカッコ良い設計ができても、実際に金型で抜けない、成立しない形を設計してしまっては意味がありません。作ることをイメージした設計ができるよう、設計だけでなく後工程の金型のこともしっかりと研修で教えています。必要に応じて自社の工場に足を運んで見学することもあります。

外部でも活躍する実力派講師

当社での研修講師のほか、名古屋工業大学や、産業技術系の大学で3DCADの講師を務めています。他にもトヨタのプロパーさんに教えることもありますし、高校生に教えることもあります。

メッセージ

設計者を目指すなら、3DCADはただの道具です。3DCADを教えている私の言うことではないかもしれませんが、3DCADができなくても設計者にはなれる。むしろ、どのような形にしたいか、それは金型で製造できる形かをきちんと立体でイメージできて、それを図面に描けるかが重要です。そういった意味では、空間認識が得意な方や、絵が上手な方は向いていると思いますね。しかし、3DCADができた方が便利には違いないので、社内研修でしっかりとマスターできるよう一緒に頑張りましょう。